教室の特長

■プログラミングを通じて学ぶべきもの

プログラミング教育は論理的な考え方や創造性を養うのに有効と言われていますが、その内容は千差万別です。手っ取り早くスマートフォンのアプリを作ってみるのも良いでしょう。しかし、今の子供たちに必要なのはアプリ作成能力ではなく、学校や普段の生活で役に立つ科学的思考を身に付けること。当教室では、これこそが課題設定力や真の創造力につながると考えカリキュラムを作成しています。

fig1

■科学を学び科学的思考を身に付ける

当教室では
■最新科学をテーマとした自然現象のシミュレーション、
■プログラミングの基礎から画像処理、
■10年後も役に立つ科学やIT全般に関する基礎知識
を学びます。
これらの学習を通じて科学的思考を身に付けます。

科学的思考とは
(1)ロジカルシンキング(漏れなく無駄なく論理的に考える)
(2)ラテラルシンキング(自由に発想する
(3)クリティカルシンキング(聞いたことを鵜呑みにせずに自分の頭で考える)
(4)コンピュテーショナルシンキング(コンピューターのように考える)
(5)フェルミ推定(論理的に推論し、短時間で概算する)
(6)キープイットシンプル(単純な法則が複雑な世界を創ることを踏まえ、シンプルに考える)
などの実生活で役立つ複数の思考のことです。
科学的思考を身に付けることで新たな世界が見えてきます。これが自ら課題を設定する力や何もないところから新しいものやことを創り出す真の創造力につながると考えています。

fig2

■サイエンス ビジュアル コンテンツ

最新科学を中心とした幅広い分野のサイエンスビジュアルコンテンツを用意しています。広い意味の科学の領域を扱っており、経済学や社会学に関する話題もあります。そのどれもが視覚に訴えるようにビジュアルに表現されており、興味深く楽しみながら学ぶことができます。
■物理現象のシミュレーション
■生命現象のシミュレーション
■マルチメディア(画像、音、デジタルアート)
■人文社会科学

fig3

Ex-Gramはこのようなプログラミングを通じた総合的学習により、お子様の能力を伸ばし、夢を育てるお手伝いをしていきます。

■オリジナル教材の例

ITの基礎、ビジュアル言語を用いたプログラミングの基礎
画像処理の初歩、フィードバック制御など
オブジェクト指向プログラミング、生命現象のシミュレーションなど
Processing言語を用いたプログラミング基礎
マルチメディア基礎
自然界の中のパターン
振動と波動
3Dグラフィックスの基礎
カメラ映像処理
ジェネラティブアート
フラクタル
セルオートマトン
力と運動のシミュレーション
オブジェクト指向プログラミング
粒子系のシミュレーション
AR(拡張現実)
人間の不思議(錯視)1
人間の不思議(錯視)2
音の不思議
確率と統計 基礎
確率と統計 ベイズ的意思決定
セルオートマトンの応用 囚人のジレンマなど
セルオートマトンの応用 感染症の広がりなど
人工生命の初歩
人工知能の初歩 会話ボット
人工知能の初歩 シンプルパーセプトロン

小学生・中学生・高校生向けのプログラミング教室です。プログラミング初心者の小学生・中学生・高校生でも基礎事項の入門編から学習するので興味深く楽しみながら学ぶことができます。子供だましのアプリ作成ではなく、プログラミングを通じて科学をビジュアルに学び科学的思考を身に付けるため学校や受験や実生活でも役立ちます。