ピンク色の円が緑色に見える不思議な錯視


ライラックチェイサー錯視は、中央の黒い点を注視していると、回転するピンク色の円が緑色に見えてくる不思議な錯視です。さらに中央の黒い点を注視していると、なんとピンク色の円がすべて消えてしまいます。

プログラムでは座標変換をうまく使いながら円の欠損部分を回転させています。
さらにぼかし処理を加えています。

網膜にはL(赤)、M(緑)、S(青)の3つの錐体がありますが、これらの信号が直接脳に入力されるわけではありません。
反対色応答していると考えられています。
反対色応答とは目から入ってくる光が、「赤-緑」「黄-青」という2つの信号になって脳に入りこの組み合わせで処理されることです。
赤を見続けて感度が低下すると「赤-緑」のバランスがくずれます。その状態で灰色を見ると緑が見えるということです。
緑は赤の補色(混ぜ合わせると灰色になる色)です。