短期スクール

MMD90005_resize

春休み、夏休み、冬休みには短期スクールを開催しています。
「Pythonの基礎」スクールと「データサイエンスとAIの初歩」スクールがあります。

「Pythonの基礎」スクールではプログラミングの基礎を1日3時間、2日間をかけて学びます。
「データサイエンスとAIの初歩」スクールでは数と暗号、関数と微分、確率と統計、ベイズ統計、データサイエンスとAIに関する内容を1日3時間、5日間をかけてプログラミングします。
1日のみの受講も可能です。
使用するプログラム言語はPythonです。

★★★★★★★★★★★★★★★★
「Pythonの基礎」スクール
★★★★★★★★★★★★★★★★

<対象>
推奨 中学1年生~高校3年生
初心者向け

<内容>
プログラミングの基礎的事項を学びます。
1日のみの受講も可能です。
使用するプログラム言語はPythonです。
■コース1(1日目) 基礎A
変数、演算子、構造化プログラミングなどを取り扱います。
■コース2(2日目) 基礎B
関数、クラス、ライブラリーの使い方などを取り扱います。

<定員>
各回8名(先着順)
少人数制です。

<コース日程>
A1日程
2018年12月26日(水)13:00~16:00 基礎A
2018年12月27日(木)13:00~16:00 基礎B
A2日程
2018年12月28日(金)10:00~13:00 基礎A
2018年12月29日(土)10:00~13:00 基礎B
A3日程
2018年 1月 4日(金)10:00~13:00 基礎A
2018年 1月 5日(土)10:00~13:00 基礎B

A1日程、A2日程、A3日程は同一内容です。
例えばA1日程の基礎AとA2日程の基礎Bを組み合わせることもできます。


<場所>
【新宿校】
東京都渋谷区代々木2-11-5 アクティブ新宿4F 401号室
Ex-Gram新宿教室(東京都 新宿駅南口5分)
★新宿校のみの開催となります。

<短期スクールご利用料金>

ご利用料金
■短期スクールのお申し込みはこちらから
★短期スクール申し込みのページを開く

★★★★★★★★★★★★★★★★
「データサイエンスとAIの初歩」スクール
★★★★★★★★★★★★★★★★

<対象>
推奨 中学3年生~高校3年生
扱っている内容はやや高度です。
数学や理科が得意な方に向いています。

<内容>
%e6%95%b0%e5%ad%a6%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%b0%8f
数と暗号、関数と微分、確率と統計、ベイズ統計、データサイエンスとAIに関する内容を1日3時間、5日間をかけてプログラミングし、科学の楽しさを体験できるスクールです。
「データサイエンスとAIの初歩」定期教室の基礎A、基礎Bを除く内容を5日間に凝縮したものです。
1日のみの受講も可能です。
使用するプログラム言語はPythonです。
■コース1(1日目) 数と暗号
複素数、素数、因数分解、暗号などを取り扱います。
■コース2(2日目) 関数と微分
1次関数、2次関数、投げた物体の軌跡、極限、微分の考えなどを取り扱います。
■コース3(3日目) 確率と統計
乱数、基本的統計量、ランダムウォーク、モンテカルロ法、ベンフォードの法則などを取り扱います。
■コース4(4日目) ベイズ統計
ベイズの定理やモンティーホール問題、迷惑メールフィルターの原理などを取り扱います。
■コース5(5日目) データサイエンスとAIの初歩
沈没したタイタニック号の乗船者データの可視化やシンプルパーセプトロンによる機械学習などを取り扱います。

<定員>
各回8名(先着順)
少人数制です。

<コース日程>
B1日程
2018年12月28日(金)14:00~17:00 数と暗号
2018年12月29日(土)14:00~17:00 関数と微分
2018年 1月 4日(金)14:00~17:00 確率と統計
2018年 1月 5日(土)14:00~17:00 ベイズ統計
2018年 1月 7日(月)14:00~17:00 データサイエンスとAIの初歩


<場所>
【新宿校】
東京都渋谷区代々木2-11-5 アクティブ新宿4F 401号室
Ex-Gram新宿教室(東京都 新宿駅南口5分)
★新宿校のみの開催となります。

<短期スクールご利用料金>

ご利用料金
■短期スクールのお申し込みはこちらから
★短期スクール申し込みのページを開く

小学生・中学生・高校生向けのプログラミング教室です。プログラミング初心者の小学生・中学生・高校生でも基礎事項の入門編から学習するので興味深く楽しみながら学ぶことができます。子供だましのアプリ作成ではなく、プログラミングを通じて科学をビジュアルに学び科学的思考を身に付けるため学校や受験や実生活でも役立ちます。